YouTubeでバラエティ番組を見るのは危険?

YouTubeでバラエティ動画を見るのは違法?

YouTubeではたくさんのバラエティ動画がアップロードされています。もちろん、これらの動画は違法であり、著作権者の許諾なくして行っているので複製権(著作権法第21条)の侵害になります。また、自分以外の多数の人に見られる状態に自分がしてしまうと送信可能化権(同法第23条1項)の侵害になります。では、違法アップロードされた動画を見ることは違法になるのでしょうか。答えを言いますと、ただ見るだけならば違法となることはありません。逮捕されることもありませんので安心してください。しかし、YouTubeは動画をスムーズに再生するために自動的にストリーミングによるダウンロードを行い、スマートフォンやパソコンにデータを保存しています。このことを知ると違法ダウンロードにあたるのではないかと不安になるかもしれませんが、この場合は違法ではないと文化庁が定めています。しかし、違法アップロードされた動画を意図的にダウンロードしたり、動画のデータを抜き出したりすると違法となり逮捕されるので気をつけてください。違法アップロードされた動画を見ることは違法ではありませんが、道徳的にはどうなのでしょうか。アップロードされた動画は決して無料で作られたわけではありません。制作側も違法アップロードされた動画を見られることを望んでないでしょう。好きな番組をこれからも見たいのならば、製作者の望み通りにテレビで見ることをお勧めします。

 

YouTubeでバラエティ動画を無料で見る方法

YouTubeで違法アップロードされたバラエティ番組を見ることは違法ではないということが分かったところで、では合法的にYouTubeでバラエティ番組を見たい場合はどうすればよいのでしょうか。YouTubeにはテレビ局の公式のチャンネルが多数存在します。この公式チャンネルならば確実に安全だと言えます。しかし、公式チャンネルにバラエティ番組が全て載せられているかというとそうではありません。正直に言うとあまりないと言えます。そこで、お勧めするのがネットで公式に配信されるサービスです。まずお勧めしたのがdTVです。これはNTTドコモが運営している動画配信サービスです。月額500円ですが、最初は無料期間となり、31日間は無料です。次にお勧めなのがU-NEXTです。こちらは株式会社U-NEXTが運営しています。こちらは16日間が無料となります。月額は1990円ですが、毎月1000分のポイントがもらえるので実質990円になります。最後にお勧めしたいのはHuluです。Huluはアメリカで生まれた動画配信サービスです。このサービスはかなり一般にも認知されています。無料期間は2週間で月額933円となります。これらのサービスはとても便利です。しかし、せっかくならばテレビで番組を見てみてはいかがでしょうか。

 

バラエティ番組をYouTubeで見ると画質が悪い

YouTubeでバラエティ番組を見ると画質が悪いという問題が発生します。YouTubeが視聴者に快適に見てもらえるように、再生が止まらないように画質の自動調節を行うからです。これで高画質の動画の読み込みが遅くなるのを防ぐのですが、おかげで快適に見ることはできても画質の問題が発生するのです。これを防ぐにはまず、動画の画質設定を行いましょう。どんな動画でもいいので再生して右上のメニューボタンを押します。その中で画質を設定できる項目があるので、高画質になるように設定しましょう。また、画質向上の方法として通信環境を確認しましょう。YouTubeの画質設定が自動になっていると通信環境がよくない場合、低画質にされてしまいます。通信環境がよいところで動画を再生したり、wi-fiを切り替えたりしてみてください。もし、これらを試してみても効果がないならば元々アップロードされた動画の画質が低い可能性があります。この場合だと視聴者側はどうしようもないので、動画をアップロードする人が気を付けるしかありません。画質を向上させてYouTubeをより快適に視聴しましょう。