YouTubeが重い原因と改善方法

YouTubeで重いのは何が原因?

楽しみにしていた新着動画なのに再生するとやたらと遅い...そんな時の原因を探ってみました。*動画が見れない!ネットが重いのは本当にストレスなんですよね。一昔前は画像を開くだけで数分かかる時代でした(笑)これだけ回線が早くなった現代っ子が羨ましい。1.急に重くなるこれは通信速度に制限がかかっている可能性が高いです。速度制限がかかっているとYoutubeに関わらずネットの接続自体が重くなっているので、視覚でも確認出来るgoogleなど開いてみて、遅くなっていないか試してみましょう。2.デバイスの性能を今一度見直そう毎日使うスマホも、長年使っていると中のデータが蓄積して重くなってしまいます。機械も人間も劣化していくもの。さらに、めまぐるしいスピードでネット社会は進化していますから、デバイスも同じようにグレードアップさせていかなくてはついていけなくなってしまうのです。自分のスマホは5年以上使っているという方は要注意です。3.通信環境の問題電波の届きにくい地下や高い山の上で遮断される環境では重くなることもあります。なるべくWi-Fi環境が整っている場所で使うか、電波が届いている場所を選んで視聴しましょう。

 

YouTubeが重いときにできる改善方法

Youtubeが重い時に出来る事は?デバイスの知識がないとどうしたら良いのかさっぱりわからないかもしれませんね。でもご安心を。案外簡単に改善する方法がいくつかありますのでご紹介します。1.とにかく再起動!デバイスは不具合が起きた時はとにかく再起動が必要です。一旦リセットされる事によって本来のパフォーマンスを取り戻す事が出来ます。不具合→再起動は基本中の基本。困った時はとにかく再起動してみましょう。2.Youtube以外のアプリを全て閉じてみる他のアプリが開いている状態ではCPUがずっとフル稼働になっています。余計な負担をかけてしまうと他のブラウザに対応しきれず、処理が遅れてしまうといった事が起きてしまいます。残っているブラウザは全て閉じて、なるべく溜めないようにすると動作が比較的軽くなります。3.デバイスのキャッシュを消すキャッシュとは一時ファイルのことで、デバイスは見たものを全て記憶する機能が備わっています。それによって次にアクセスした時に素早く動けるようになっているのです。この一時ファイルが溜まっていくと、処理能力が低下し当然デバイスそのものが重くなってしまいます。こまめに消す事を癖つけるとYoutubeを見た際に重くなるという事も軽減されます。

 

YouTubeで推奨されている通信速度を確認してみよう

Youtubeで推薦されている通信速度があります!最高画質で視聴すると綺麗なフルハイビジョンでの視聴が可能になります。今やフルハイビジョンくらいの画質でなくては見た感じがしないのも事実ですよね。しかし、最高画質で観ると同時に一定以上の通信速度が必要になるので重かったり止まったりしてしまう事が多くなるのです。つまり、逆に画質を落として再生をするとフルハイビジョンの状態よりも軽い負担で観る事が可能となります。ただし、画質は悪いのでその辺は妥協せざるを得ない事実ですが。*インターネットの回線を確認してみるWi-Fiの電波がきちんと入っているか確認しましょう。発信源から離れた場所では当然遅くなりますし、電波が届かない以上いい環境で視聴出来るとは言えません。モバイル回線なら速度制限がかかっていないか確認してみるのもお勧めします。これはお使いのキャリアによって対処法が違うのでご自身で確認してみて下さい。