YouTubeでスロー再生する方法

YouTubeではスロー再生ができる

YouTubeの動画を普段から視聴している人の中には動画によってはもっとゆっくり動画を見たいと思う事もあるかと思います。ですが、意外とそういう風に思っていても動画のスロー再生の方法が分からないせいでいつも結局標準のスピードで動画を見たり動画を一時停止にいてそれで我慢しているという人もいるかと思います。ですが、実際にはYouTubeの動画は案外簡単にスロー再生できるようになっているのでその機能を使えば簡単に目当ての動画をスローで再生できます。もちろん、そのために難しい操作は特に必要ないです。誰でも簡単にYouTubeの動画をスローで再生できるようになっているのですがパッと見た感じだとうすれば良いか分からない事もあって結局いつも通り普通に動画を再生するだけという使い方になっているというのがあります。すごく簡単な操作でありながらそういう事になっている人が多いのはYouTubeの使い方が動画の再生しかできないと思い込んでいる人が意外と多いからです。その先入観があるせいで毎回動画を標準のスピードで見るのが当たり前になっているという人がかなりいます。そこまで便利な機能はないと勝手に思っている事がその最大の原因です。

 

YouTubeでスロー再生する方法

YouTubeを再生している時に動画の再生スピードをスローにするにはどうしたら良いかというとその方法は簡単で再生している動画の右下に歯車があります。そこをクリックしてやると速度という表示が出ます。そこを見ると数字がズラッとあります。その数字を小さくすればするほど動画の再生スピードが落ちるようになっています。逆にその数字を1よりも大きくしてしまうと動画の再生スピードが速くなるのでそこは注意しないといけないです。動画をスローで見たいなら数字を小さくして再生する事になります。たったそれだけで見ている動画をスローにできるので有効活用して欲しいです。ですが、この方法はパソコンでYouTubeを視聴する場合に限っての話です。スマホを使ってYouTubeを視聴している時には歯車がないので別の方法でスロー再生しないといけないです。そのためには専用のアプリを入れてYouTubeをスロー再生できるようにする必要があります。なのでパソコンみたいに簡単な操作でスロー再生ができないというデメリットがスマホでYouTubeを視聴する時にはあります。ですから少し面倒はありますがスローで視聴したいならそれぐらいの手間を惜しんではいけないです。

 

YouTubeで速度変更できないときはどうする?

YouTubeを視聴していて速度の変更をしたいと思っても上手く動画の速度を変更できなくて困っているという人もいるかと思います。そういう時はどうしたら良いかというと一番簡単な方法は今使っているブラウザを変えるのがおすすめです。たったそれだけでそれまで動画の速度変更できなかったのが簡単に変更できるようになる事があります。なぜなら、YouTubeの動画の速度が変更できるようになっているのは仕様で普通に速度の変更が可能になっているからです。なので、YouTubeの動画の速度変更できない事があった時にまず疑った方が良いのはYouTubeの仕様変更あった時などでそれまで使っていたブラウザがその変更に対応できてないという事があります。ですから、速度変更ができないと思った時には別のブラウザを使って動画を再生してみるのがおすすめです。たったそれだけで簡単に速度変更できることがあるのでそこらへんは臨機応変に対応して利用しないといけないです。