YouTubeのスパムがよく分からない人へ

YouTubeのスパムとは?

前からスパムという言葉は存在してましたが最近は色んな場面でスパムという言葉が使われるようになってその意味も変わってきました。特に最近よく言われるのがYouTubeのスパムというのがよく言われるようになったこともあってスパムの言葉の意味もかなり変わってきたという印象です。昔はスパムというと大量に送られてくるメール等をスパムメール等と言ってました。ですが、YouTubeを使っていてもスパム行為だという使い方をされるようになったあたりから大量のメールを送って他人に迷惑をかけるという意味からもっと広い意味で使われる言葉に変わったという感じでした。元々は大量のメールを送って迷惑をかけるという特定の行為のみに対して使われていたスパムという言葉も今では迷惑な行為自体を意味する言葉に変わりました。なので、YouTubeにおいてスパムとはYouTubeで迷惑な事をしている人全般を指す言葉で何か決まった行為を指す言葉ではないです。とにかくYouTubeで人に迷惑になる事をするのがスパム行為として認定されます。なので昔使っていた時のスパムの意味でスパムという言葉を使っても意味は通じないので注意しないといけないです。

 

YouTubeでスパム判定される動画ってどんな動画?

YouTubeでどういう動画がスパム判定されるか気になる人もいるかと思います。なぜなら、スパム動画判定されるのは仮に家真面目に動画を作って上げていても起こりうるからです。では、YouTubeでどういう同課がスパム判定されるかというとYouTubeの基準によると犯罪的な内容であったり暴力が含まれる動画であったりアダルトな内容だという事になっています。ですから、基本的にはこれらに注意して動画を上げていればスパム判定を受けてアカウント停止などの措置は受けないと思って良いです。ですが、YouTubeのスパム判定というのは機械的にスパム判定をするようになっています。なので、自分では全くスパムに当たらないと思っていても機械的にスパム判定されるために誤解を招く表現が見られた時にスパム判定を受けてしまう事があります。例えば、たまたま動画内で割れ物を落として割ってしまったような場合です。これは普通なら誰が見ても単に不注意で物を落としただけと思われて問題ないのですが、YouTubeのスパム判定は機械的にやるのでそれが暴力表現と受け取られる事があるという事です。ですが、そんな事は滅多にないので人に迷惑をかける内容であったり道徳的に問題がある内容の動画がスパム動画判定されると思っていれば良いです。

 

YouTubeでスパム扱いされないためにできること

実際にYouTubeでスパム扱いされないためにはどうしたら良いかと思う人もいるかと思います。そういう人が気を付けた方が良いのがあまり過激な内容の動画を作らないという事を意識すれば問題ないです。YouTubeでスパム扱いされる動画の多くはなんとかして視聴数を多く稼ごうとしていけない内容の動画を上げてしまう事でスパム扱いされるという事がほとんどです。なので、せっかくYouTubeで動画を上げてもアカウントを削除されたら意味がないのでまず考えるべきはおかしな方法で視聴者を稼ごうとしない事です。たったそれだけを意識すればまず動画がスパム扱いされないのでそこを気を付けて動画を作るのがおすすめです。そうすればまず普通に動画を作ってスパム扱いをされる事はないです。ですが、過激な内容を作ろうとしてしまうとそれに引っかかってしまう事があるので自分ではそこまでと思ってなくてもあまり派手な内容を作らないように注意した方が良いです。